HOME > FLOW & FEE

   私たちは、建築の設計・監理を専業とする建築デザイン事務所です。
   建設会社やメーカーとは独立した立場ですので、いずれからも制約を受けることなく設計・監理を行なうことができます。
   施工業者や建築工法、使用材料などは、建て主様のご予算やご要望に応じて、自由に選択することが可能です。
   建築の設計はもちろん、ご要望に応じて、プロジェクト全体のマネジメントやインテリアコーディネート、造園計画等も行ないます。
   土地探しのアドバイスから工事の完成まで、計画全体にわたってお手伝いをいたします。
   ほかにも、建築条件付き土地やハウスメーカーに対するプラン提案なども行なっていますので、お気軽にご相談下さい。

STEP-1
設計相談[無料]

・新築やリフォーム、デザインに関するご相談については、無料でお応えします。
・まずは、お電話か電子メールでご連絡下さい。
・具体的なご相談は、敷地図や間取図、現況写真など、お手持ちの資料をご持参の上、事務所までお越し下さい。
・但し、現地調査や諸官庁への事前協議などが必要な場合は、有償となります。
STEP-2
設計提案書の作成 [100,000円(税別)/所要期間:約1ヶ月]

・事前相談の後、具体的な提案を希望される場合は、設計提案を行ないます。
・ご提案に先立って、具体的な条件やご要望をお伺いします。
・現地周辺の環境、現況、近隣状況等を目視にて調査・確認します。
・関係諸官庁等の法規制、指導、諸手続等の事前調査を行ないます。
・それらのご要望・諸条件を検討し、最も適切と判断される計画案を提示します。
・設計提案料は、現地調査費用を含め、100,000円(税別)とさせていただきます。
・万一「計画を任すことができない」と判断された場合は、この時点でお断りいただいて結構です。
・提案料は、調査・作業実費の一部として、返金は出来ません。
・なお、提案料は著作権への対価ではございませんので、別途計画への採用や他社での実施は固くお断り申し上げます。
STEP-3
設計監理契約  [設計監理料の30%ー100,000円(税別)]

・設計提案書に共感いただき、さらに詳細な計画を進める場合は、まず設計監理契約をお願いいたします。
・基準設計監理料は、工事予算×10%+50万円(税別)とさせていただいております。
・新築、および増築を伴うリフォーム等で確認申請が必要な場合は、申請手続料として+30万円(税別)をいただきます。
・鉄骨造、RC造、木造3階建てや精密耐震診断など、構造建築士に依頼が必要な場合は、構造・規模・内容に応じて別途構造設計料をお見積もりさせていただきます。
・併用住宅や業務施設等の場合、用途・内容・工事予算に応じてお見積もりさせていただきます。
・設計監理契約時には基本設計料として、設計監理料の30%から設計提案料を差し引いた金額をお支払いいただきます。
STEP-4
基本設計 [所要期間:約2ヶ月〜(規模や計画内容によります)

・現地及び周辺環境の詳細調査を行ないます。
・必要に応じて、土地現況測量、地質調査等を行ないます。(別途費用要)
・設計提案書に基づきお打合わせを重ね、必要に応じ別案の検討も行いながら、平面計画と設計概要を確定します。
・予算に基づいて、規模や設備、仕上のご要望を確認します。
STEP-5
実施設計 [所要期間:約3ヶ月〜(規模や計画内容によります)]

・基本設計が確定したら、実施設計(詳細設計)に入ります。
・実施設計は主に、建築意匠設計・構造設計・設備設計・外構設計等に分類されます。
・実施設計段階で、使用材料や設備機器類等の選定を行い、グレードの決定をします。
・この段階で、新たなご要望により計画が大きく変更する場合は、追加設計料を頂く場合がございます。
STEP-6
工事見積り [所要期間:約1ヶ月]

・実施設計が完了すると、施工業者に見積を依頼します。(期間:約1ヶ月)
・建築主から業者指定が場合には、過去に実績のある業者を紹介いたします。
・各業者からの見積内容を精査し、発注業者を決定します。
・予算に合わない場合には、ご相談のうえ仕様変更や工事範囲の縮小などの設計変更を行います。
STEP-7
申請手続き [所要期間:約1〜2ヶ月]

・工事契約内容がほぼ確定した段階で、検査機関への確認申請手続きを行います。
・4号建築物(木造2階建て500m2以下)の場合、通常約1ヶ月で確認済み証が受けられ、工事着工が可能ですが、それ以外の場合は検査機関との協議により延びる可能性があります。
・確認申請および中間、完了検査の申請手数料は、別途申し受けます。
STEP-8
工事契約 [設計監理料の40%]

・見積り金額と予算の折り合いがつきましたら、施工業者と工事契約を締結していただきます。
・実施設計完了時分として設計料の40%をお支払いいただきます。
STEP-9
着工・工事監理 [所要期間:規模や計画内容によります]

・着工後は現場にて、原則として週1回工事監理を行います。
・現場打合せにて、さらに詳細なデザイン、工法等の検討を行います。
・工事の節目ごとに設計検査を行い、不備があった場合は手直しを指示します。(地盤掘削時、基礎配筋時、コンクリート打設時、上棟時、防水下地完了時、内装下地完了時)
・工事の進捗状況や指摘事項は定期的に建て主に報告し、必要に応じて建て主にも現場打合せに参加していただいて、イメージや納まりの確認をしていただきます。
STEP-10
完成・引渡し [設計監理料の30%]

・工事の完成を受けて、仕上りや設備の作動状況を検査し、不備な部分の手直しを指示します。
・関係諸官庁の検査を受け、検査済み証の発行を受けます。
・全ての検査完了後、建築主立会のもと引渡し検査を行い、不備な部分の手直しを指示します。
・完成建物、使用機器類について、各業者により設備機器類等の取扱説明をします。
・施工業者より各保証書、業者一覧、竣工図等の書類の引き渡しをします。
・完成引渡し時には現場監理費分として、設計監理料の30%をお支払いいただきます。
・設計変更等により、最終工事費で工事予算から10%以上の増減があった場合は、その10%を基準に設計監理料を修正させていただきます。
STEP-11
アフター

・完成後の不具合等については、随時ご相談を受け、改善方法を検討いたします。
・引渡し約1年後に施工業者の立会いのもと1年点検を行います。
・工事に起因する不都合や破損については、施工者の負担で補修・修繕を行うよう指導します。
・万が一設計に起因する瑕疵が生じた場合は、責任をもってその補修にあたります。
STEP-12
リフォーム・リノベーション

・建物の老朽化に伴う改修や家族構成の変化によるリフォームのご提案をいたします。
・プラン変更に伴う構造補強や使い勝手の向上など、積極的なリフォームプランのご提案を行います。
・設計監理料は、基準設計監理料に基づき、リフォームの内容に応じてご相談させていただきます。